お知らせ

科学誌「セル」も日本の子宮頸がんワクチン問題に言及

「ネイチャー」「サイエンス」と並ぶ3大科学誌のひとつ「セル」(2018年3月9日)に「No Vacillation on HPV Vaccine (子宮頸がんワクチンに迷う必要はない)」のタイトルで世界の子宮頸がんワクチンについての論説が出ました。地図は各国の疾病負荷とワクチン接種率。日本の子宮頸がんワクチン問題と私の仕事にも触れています。

「ある日本人研究者が行ったマウスに脳障害が起きたという発表に対し、世間に誤解を招いたという主張をした医師・ジャーナリストが、名誉棄損裁判を起こされている。この訴訟は、医師でジャーナリストの村中璃子氏が、発表されたスライドは各ワクチンとコントロールに対して各1匹のマウスについての結果であり、示された脳切片はワクチンを接種したマウスのものですらなかったと書いたことに対するもの。村中氏は、人びとの不安を利用した反子宮頸がんワクチン運動に立ち向かい、このワクチンに関する大切な情報を届けた仕事に対し、2017年のジョン・マドックス賞を贈られている。

(A Japanese academic scientist is suing a physician-journalist for defamation over her claims that he misled the public about the safety of the HPV vaccine by reporting that it caused brain damage in mice. The study was called into question when medical journalist, Dr. Riko Muranaka, discovered that it involved only a single mouse each in the active and control groups, and that moreover the slides presented to the media did not even show the brain of the mouse that had received the vaccine. Muranaka was awarded the 2017 John Maddox Prize for her work championing HPV vaccination, a valuable recognition of her courage in taking a stand against vaccine fear-mongering)」

http://www.cell.com/cell/fulltext/S0092-8674%2818%2930222-8#.WqR6stwtBbZ.twitter

Tagged , ,