プロフィール

Riko Muranaka, M.D., M.A.
(村中璃子)
日本語の説明は英語の下にあります

Dr. Muranaka is a medical doctor and journalist, researcher at Bernhard-Nocht Institute for Tropical Medicine and lecturer at the Graduate School of Kyoto University School of Medicine. She is a WHO consultant, and the winner of the John Maddox Prize 2017 hosted by the science magazine “Nature”, Sense About Science and the Kohn Foundation.

She became known as a journalist in 2014 during the Ebola hemorrhagic fever outbreak for timely publication of articles in relation with the national security. Her article “Ebola as national-defense: isolated from the superpowers network collecting viral strains” was selected as one of the three “best op-eds of 2014”, in Yomiuri Shinbun (Japanese paper) In October, 2015, Dr. Muranaka jolted the Japanese society believing in the dangers of the HPV vaccine by publishing articles “Did the HPV vaccine really cause these violent fits?’’“Is there science behind the HPV vaccine drug injury theory?” , “How can we save the girls purportedly suffering from HPV vaccines?” , and re-opened public dialogue about the safety of the HPV vaccination. On Nov.28, 2016, Wall Street Journal published her op-ed Stopping the Spread of Japan’s Antivaccine Panic”. Regardless of the criticism from the anti-vaxxers and the legal attack, who claimed the dangers of the HPV vaccines by his “one-mouse experiment”, she received the John Maddox Prize in November 2017, which is given to the individual who promoted sound science and evidence on a matter of public interest, despite facing difficulty and hostility in doing so. She contribute to major Japanese magazines include Voice, Wedge, Shincho 45, Nikkei Business Online, Gendai Business Online, AERA, Shukan Asahi, and hosted the radio program, “Dr. Riko Muranaka’s Science News Lab” on JFN Radio from April to September in 2016. She wrote a book column “Lessen from good science books” in “Haretal”  from April to December 2017. On Feb 2018, she finally published her first book “A Hundred Thousand Wombs- Was that violent fever caused by the HPV vaccines? “.The story about the John Maddox Prize was covered in BBC, Guardian, Nature, Science, Cell, Cornell Alliance for Science,and VOX. 

The John Maddox Prize 2017 acceptance speech “A Hundred Thousand Wombs” is published here.

 

村中 璃子(むらなか りこ)
医師・ジャーナリスト

京都大学医学研究科非常勤講師、ベルンハルトノホト熱帯医学研究所研究員。一橋大学社会学部出身、社会学修士。北海道大学医学部卒。WHO(世界保健機関)の新興・再興感染症・パンデミック対策チームにて新型インフルエンザ対策等に従事。現在では、医業の傍ら、執筆や講演活動を行っている。

2014年のエボラ出血熱流行時、「感染症と国防」の問題を扱ったシリーズ記事で注目され、そのうち1本が読売新聞「回顧論壇2014」で政治学者の遠藤乾氏の選んだ論考三選に入る。2015年10月から2016年6月にかけて子宮頸がんワクチン問題について月刊「Wedge」等に掲載した記事は、日本の医学界・科学界からの強い支持を得て、子宮頸がんワクチンの薬害を信じる日本社会に衝撃を与えた。

2017年、子宮頸がんワクチンに関する誤解を解く、科学にもとづく執筆活動が評価され、科学誌『ネイチャー』等が主催するジョン・マドックス賞を日本人として初めて受賞。 BBCガーディアンネイチャーサイエンスコーネルアライアンスフォーサイエンスセルほか、海外のニュースメディアや科学専門誌で広く報じられた。受賞スピーチ「10万個の子宮」はウェブで無料公開されている。

その後も「Voice」「文藝春秋」「新潮45(廃刊)」等の月刊誌や新聞を中心に多数寄稿している。「日経ビジネスオンライン」「現代ビジネスオンライン」「AERA」「週刊朝日」などのウェブメディア・週刊誌にも執筆した。2016年にはTokyoエフエム系列のJFNラジオ「村中璃子の文系女医のニュースラボ」を担当。2017年には東洋経済社の女性向けメディア『ハレタル』で、科学書のブックレビュー「科学書から読み解く 私たちの生きる知恵」を連載。

2018年2月、平凡社より『10万個の子宮ーあの激しいけいれんは子宮頸がんワクチンの副反応なのか』を上梓した。

2020年、新型コロナウイルスのパンデミックに際しては、WHOでの経験を生かし、読売放送「情報ライブ ミヤネ屋」、テレビ朝日「サンデーLIVE!!」「スーパーJチャンネル」等に出演しているほか、「文藝春秋」「Voice」「夕刊フジ」など多数の活字メディア・ウェブメディアに寄稿・コメントしている。