プロフィール

村中 璃子(むらなか りこ)
Riko Muranaka, M.D., M.A.
医師・ジャーナリスト

京都大学医学研究科非常勤講師。一橋大学社会学部出身、社会学修士。北海道大学医学部卒。WHOの新興・再興感染症チームの勤務を経て、現在は医学と社会学のダブルメジャーで執筆や講演活動を行っている。

2014年、エボラ出血熱流行時に、感染症と国防の問題を扱ったシリーズ記事で人気を博し、記事 が読売新聞「回顧論壇2014」で政治学者の遠藤乾氏の選んだ論考三選に。2015年10月に子宮頸がんワクチン問題について月刊「Wedge」に掲載した「エビデンス無視で作りだされる”薬害” 子宮頸がんワクチン再開できず 日本が世界に広げる薬害騒動」、およびウェブ転載の
「あの激しいけいれんは本当に子宮頸がんワクチンの副反応なのか」
「子宮頸がんワクチン薬害説にサイエンスはあるか」
「子宮頸がんワクチンのせいだと苦しむ少女たちをどう救うか」
は広く読まれ、日本の医学界・科学界からの強い支持を得て、子宮頸がんワクチンの薬害を信じこむ日本社会に衝撃を与えた。

月刊『Wedge』、『新潮45』日経ビジネスオンライン、現代ビジネスオンライン、AERA、週刊朝日等に執筆、2016年にはTokyoエフエム系列のJFNラジオ「村中璃子の文系女医のニュースラボ」を担当。東洋経済社の女性向けメディアハレタル』にて、2017年には科学書のブックレビュー「科学書から読み解く 私たちの生きる知恵」を連載。2018年2月『10万個の子宮 あの激しいけいれんは子宮頸がんワクチンの副反応なのか』を上梓した。

2017年、子宮頸がんワクチン問題に関する執筆活動が評価され、『ネイチャー』等主催のジョン・マドックス賞を日本人として初めて受賞。 BBCガーディアンネイチャーサイエンスコーネルアライアンスフォーサイエンス、セルほか、海外メディアを中心に広く報じられた。受賞スピーチ「10万個の子宮」はウェブで無料公開されている。

参考:詳細は一橋大学広報誌HQ2016年春号の取材記事をご覧ください。


Riko Muranaka, M.D., M.A.
Physician & Journalist

  Dr. Muranaka is lecturer at the Graduate School of Kyoto University School of Medicine, former WHO consultant for Emerging and re-emerging Disease Team.
She became popular as a journalist in 2014 during the Ebola hemorrhagic fever outbreak for timely articles on the relation between outbreak-prone diseases and national defense. Her article “Ebola as national-defense~ isolated from the superpowers network collecting strains”
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/5229
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/5230
was selected as one of the three “best op-eds of 2014”, in Yomiuri Shinbun (Japanese paper)
In October, 2015, Dr. Muranaka jolted the Japanese society believing in the dangers of the vaccine by publishing articles “Did the HPV vaccine really cause these violent fits?’’“Is there science behind the HPV vaccine drug injury theory?” , “How can we save the girls purportedly suffering from HPV vaccines?” , and by doing so re-opened public dialogue about the safety of the HPV vaccination, that had practically ceased only two months after it became routine immunization. On Nov.28, 2016, Wall Street Journal published her op-ed Stopping the Spread of Japan’s Antivaccine Panic”.
Dr. Muranaka wrote for major Japanese magazines include Shincho 45, Nikkei Business Online, Gendai Business Online, AERA, Shukan Asahi and Wedge, hosted the radio program, “Dr. Riko Muranaka’s Science News Lab” on JFN Radio (Tokyo FM affiliate) from April to September in 2016, and currently writing a book column “Lessen for learned from good science books” in “Haretal,” Toyo Keizai Inc.’s website. In 2018, she published her first book “A Hundred Thousand Wombs” from Heibonsha.
The story about the John Maddox Prize was covered in BBC, Guardian, Nature, Science, Cell, Cornell Alliance for Science and VOX. Here acceptance speech “A Hundred Wombs” is here.

See interview article “People” in Hitotsubashi University’s PR magazine, HQ, spring 2016.