村中璃子オフィシャルサイト

– 遺伝子(Genetics)

捏造と科学論文、愛人、そして自殺 科学スキャンダルから2014年を考える『双子の遺伝子』

「STAP細胞はあります」と涙で訴えた小保方晴子氏の論文が『ネイチャー』誌から撤回され、上司で研究者の笹井芳樹氏が自殺を図った2014年。 研究の現場で捏造がいとも簡単に行われることや、一流科学誌がそれと気づかずあっさり …

遺伝子検査ビジネスは「疫学」か「易学」か(後篇) 「医療」の手前で結びつく遺伝子、サプリ、人間ドック

「私の行っているジムでは、DHCのダイエット遺伝子検査が大人気。こっちもやってみようかと」(40代、女性) サプリメント販売大手のDHCは、ダイエット対策と美肌対策の2種類の遺伝子検査キットを販売している。価格は約500 …

遺伝子検査ビジネスは「疫学」か「易学」か(前篇)遺伝子でわかること 遺伝子検査でわからないこと

遺伝子検査ビジネスは「疫学」か「易学」か(前篇)遺伝子でわかること 遺伝子検査でわからないこと

「あなたの遺伝子型の発症リスクは1.2倍」--この意味がわかるだろうか。さらには祖先解析、子供の才能分析まで広がる遺伝子検査に内在する問題とは。 「遺伝子検査、夫とやってみようかって話しています。生まれつきのことがだいた …