執筆記事

調布飛行場小型機墜落と村山庁舎BSL-4稼働から考える 戦後70年 東京都下旧軍用地の憂鬱

「動物実験の死体を焼く煙だね」

当時、同級生とそう噂していたと話すのは、1978年に武蔵村山に引っ越してきたという40代男性。「国立予防衛生研究所村山分室」、通称「予研」の隣にある小学校の教室の窓からは、いつも煙の上がるエントツが見えた。母親からは「あの敷地内で遊んじゃダメよ」と言われていた。

Tagged ,