執筆記事

医療界と対立するゴッドハンド 神戸の生体肝移植問題は第2のSTAPか

日本の移植医療界は、ついに正面対決を決めたようだ。 昨年11月に開院した民間病院「神戸国際フロンティアメディカルセンター(KIFMEC)」(神戸市中央区)で、生体肝移植を受けた患者7人のうち4人が術後1カ月以内に死亡した問題を受け、日本肝移植研究会(会長、京都大学 上本伸二教授)はKIFMEC肝移植症例調査検討委員会(以下、検討会)を設置。体制の不十分さや、移植の適応・治療判断などの不適切さを指摘する報告書をKIFMECに送付した。

Tagged ,