執筆記事

ロアルド・ダール作「オリビアの死」を翻訳しました

クルール・プロジェ10月号「Dr.村中璃子のからだノート」のテーマは麻疹。
欧州での麻疹再流行に伴って再評価されているイギリスの作家ロアルド・ダールの書いた「オリビエアの手紙」を抄訳しています。
全訳は10月にウェブ転載の予定です。