執筆記事

捏造と科学論文、愛人、そして自殺 科学スキャンダルから2014年を考える『双子の遺伝子』

「STAP細胞はあります」と涙で訴えた小保方晴子氏の論文が『ネイチャー』誌から撤回され、上司で研究者の笹井芳樹氏が自殺を図った2014年。 研究の現場で捏造がいとも簡単に行われることや、一流科学誌がそれと気づかずあっさりと論文を受理してしまうことが驚きでした。

Tagged ,